2015/01/01

Archの設定~GUIインストール後

キーボードの設定とかスワップファイルの設定とかArchを使うのに必須じゃない(と思う…)けどやっておいた方が良いこと。


まず、インストールした時の設定(こちらを参照)とXではキーボードの設定が別らしいので新しく設定ファイルを作ります。
sudo nano /etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf
--------------------------------------------------
Section "InputClass"
 Identifier "Keyboard Deults"
 MatchIsKeyboard "yes"
 Option "XkbLayout" "jp"
 Option "XkbModel" "jp106"
EndSection
CapsLockキーの設定はここに入れるんじゃなくて、cinnamonの設定の方に入れたほうがいい感じに動くと思います。
次に、このまま日本語を表示するとギザギザになるらしいので、滑らかになるように設定。
sudo nano /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf
--------------------------------------------------
<?xml version="1.0"?>
 <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
 <fontconfig>
  <match target="font">
   <edit mode="assign" name="embeddedbitmap">
    <bool>false</bool>
   </edit>
   <edit mode="assign" name="hintstyle">
    <const>hintnone</const>
   </edit>
  </match>
 </fontconfig>
で、
sudo ln -s /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf /etc/fonts/conf.d/71-no-embedded-bitmaps.conf
(どうやら↑の設定は不要らしい。デスクトップ環境の設定でフォントのアンチエイリアシングとヒンティングを適切な設定にすると良いらしい。)
次は、せっかく日本語をきれいに表示するようにしたので日本語フォントを入れます。
yaourt -S otf-takao
私はotf-takaoを入れましたが、お好みのを入れるべきですね。
次に単位とかを…日本語のフォントで表示するんだと思います……
sudo nano /etc/locale.conf
--------------------------------------------------
LANG=ja_JP.utf8
LC_NUMERIC=ja_JP.utf8
LC_TIME=ja_JP.utf8
LC_MONETARY=ja_JP.utf8
LC_PAPER=ja_JP.utf8
LC_MEASUREMENT=ja_JP.utf8
Archのインストールの時はswapパーティションを作りませんでした。
代わりにここでswapファイルを作ります。
sudo fallocate -l 8G /.swapfile
sudo chmod 600 /.swapfile
sudo mkswap /.swapfile
swapon /.swapfile
これでswapfileをホームディレクトリに隠しファイルで作りました。 忘れないうちにfstabに追加しましょう。
sudo nano /etc/fstab
--------------------------------------------------
/.swapfile none swap defaults 0 0
設定とかじゃないけど、ファイルの圧縮・解凍を便利にするために
sudo pacman -S nemo-fileroller
これでnemoにファイルの圧縮・解凍を統合できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿