2012/08/11

PSP-2000 アナログスティックの交換

以前から調子の悪かったアナログスティックを交換しました。


用意するもの

  • T2 精密ドライバー(眼鏡用のドライバーで代用可)
  • T2 精密ヘクスローブドライバー
  • -ドライバー
  • PSP(この記事では2000を扱います)
  • アナログスティック

手順

作業前に、UMD、メモリースティック、バッテリーをPSP本体から取り外しましょう
  1. 精密ドライバーでPSP本体外側についているネジを外していきます
  2. (私は精密ドライバーが無かったので眼鏡用ドライバーでやりました)
    本体上部の星型ネジはヘクスローブドライバーを使います

  3. バッテリーのところにある下の方のシールをはがし、ネジを外します
  4. (保証が受けられなくなるので注意しましょう)

  5. フェイスプレートを外します
  6. (横にフックがあるので折らないように注意しましょう)
    (私は画像のフックを折ってしまいました。もしかしたら、反対側にもフックがあったのかも・・・)

  7. スタートボタン等があるプレートを外します

  8. 右側は上の丸で囲ったところを-ドライバーで外し、下の丸のところを持ち上げると外れます
    左側は-ドライバーで簡単に外れるはずです
  9. 画面を外します

  10. 画面の横にでっぱりがあり外れにくくなっています注意しましょう

  11. Lトリガーとスティックのネジを外します

  12. メモリースティックのカバーを全部出しておかないと次の作業で何かがズレたりするようなので出しておきます
  13. スティックの横から-ドライバーを入れて基板を少し持ち上げます
    すると、スティックが外せるようになります

  14. 交換するスティックに電導ゴムが付いていない時は向きに気を付けて付け替えます

  15. 見難いですが左側がもともとPSPに付いていたスティックで、右側が新しく買ったスティックです
    左側の丸の中にある透明のでっぱりを新しいスティックに移植します
    極性(いわゆる"向き")があるとのことですが、私はその向きが分からないので全く同じ向きで移植しました
  16. スティックを入れ直します
  17. 後は、今までの手順を逆に行って作業終了です
分かっていると思いますが、以上の作業をするとPSPの修理・保障が受けられなくなります注意しましょう

0 件のコメント:

コメントを投稿