2012/08/11

Opera(v12以下)高速化

最強伝説を持っているOperaたん(12まで)を少しでも速くしてみる試みです。



opera:config#Interpolate Imagesのチェックを外す
 画像をスムーズに拡大・縮小する。

opera:config#First Update Delayを0,
opera:config#Update Delayを100に変更
 First Update Delay:ページを開いてからレンダリングを開始するまでの待機時間(ミリ秒)。
 Update Delay:ページを再描画する間隔(ミリ秒)。

opera:config#Check Local HostName
opera:config#Enable HostName Expansionのチェックを外す
 Check Local HostName:オートコンプリートを試す前にローカルのホスト名を検索する。
 Enable HostName Expansion:ホスト名の自動補完を有効にする。

opera:config#Figs Modificationを2,
opera:config#Images Expiryを604800
 Figs Modification:画像の更新チェック。
  0 チェックしない。
  1 常にチェックする。
  2 時間ごとにチェックする。
 Images Expiry:画像キャッシュの有効期限(秒)。

opera:pluginsの不要なプラグインを無効にする
 重複しているプラグインなどを無効にすると吉

opera:config#Turbo Modeのチェックを外す
 画像を簡易描画。Opera Turboとは無関係。

 アップデートにより廃止したらしい(´・ω・`)

opera:config#Max Connections Totalを増やす,
opera:config#Max connections Serverを減らす
 Max Connections Total:許容する全体のコネクション数。
 Max connections Server:同一サーバーに対して許容する最大のコネクション数。

opera:config#Wait For Stylesを減らす(2000くらい?)
 CSSのロードを待つ時間(ミリ秒)。

opera:config#Max Global History Linesを減らす
 (opera:config#Max Direct History Linesと同じくらいがいいかも)
 Max Global History Lines:ドロップダウンに表示する履歴の最大数。
 Max Direct History Lines:入力したURLの記憶数。

opera:config#Visited Pagesのチェックを外す
 履歴全文検索のインデックスを有効にする。

opera:config#Check Expiry Loadを1に
 ページの読み込み時に有効期限をチェックする。
  0 ユーザーの設定で無効にされていない限りにおいて、サーバーの有効期限を優先する。
  1 サーバーの有効期限の設定を無視する。
  2 有効期限をチェックしない。

opera:config#Show Gesture UIのチェックを外す
 マウスジェスチャのヒントを表示する。

opera:config#Enable UI Animationsのチェックを外す
 UIのアニメーションを有効にする。

opera:config#History Navigation Modeを3に
 履歴に含まれるページにアクセスした場合(戻る・進む等)に再描画を行うかどうか。
  1 自動
  2 互換描画(スクリプトによる操作があった場合は再描画する)
  3 常にキャッシュを使用

opera:config#Styled First Update Timeoutを減らす
 初の描画の前にスタイルシートのロードを待つ時間。
  1000くらいが無難?

opera:config#Cache|Figureを200000に
 画像キャッシュのサイズ(kB)。Documentとの合計値が設定ダイアログのメモリキャッシュの値。

(opera:config#userprefs|Enable On Demand Pluginのチェックを入れる)
 プラグインの読み込みを任意でできるようにします。
 見た目が大事という人(私のことだよ♪)は設定しない方が吉

他にもopera-config設定項目一覧を参考にいじってみると良いかも

0 件のコメント:

コメントを投稿